生理痛はなぜおこるのか

生理痛の原因を知ろうとする女性

女性が憂鬱になる7日間それが生理といえるでしょう。生理の日はなんだかだるかったり気持ちが優れなかったり、疲れやすかったり。
それに追い打ちをかけるようにおきる生理痛。お腹の痛みや腰が重たいなど生理痛にもさまざまありますよね。でも生理痛がある人と無い人がいるのはなぜなのでしょうか。

生理痛の原因

生理痛の原因がプロスタグランジンというものです。このプロスタグランジンはホルモンに似た成分で生理の時期の痛みや出産時の陣痛を引き起こさせる物質だったのです。

生理痛とプロスタグランジン

生理痛の原因を知る
生理が始まるとプロスタグランジンが増えます。というのも子宮を収縮させて生理の経血をカラダの外へ出す働きをしています。この物質の量が多く分泌されると子宮を強く収縮して痛みをおこさせます。
また、血管などを収縮させる効果もあるために腰痛やだるさ、カラダを冷やしたり、胃腸にも影響を与えて吐き気や下痢などの痛みを引き起こさせるのです。

そして生理の後半にかけて、うっ血しやすくなり血液の流れを悪くして腰回りが重たい原因を引き起こすものこの物質なのです。その他にも、免疫やアレルギーにも関連していると言われています。

生理痛の改善方法

改善法としてはカラダを温めることが大切なんだとか。また、生理痛の痛みを止めてくれる鎮痛剤や低用量ピルなどで生理を定期的におこさせて周期などを管理することで痛みを緩和することができるようです。

妊娠・出産の時にも分泌されるプロスタグランジンは陣痛をおこす作用もあるのだとか。プロスタグランジンと上手に付き合って生理痛を和らげましょう。また、痛みがひどい場合は産婦人科などを受診したほうが良いでしょう。
婦人病などの場合も痛みが発生します。無理をせずに医師に相談をしましょう。