アフターピルはその名の通り性行為が終わった後に使用する避妊薬です。日本で購入する場合の1つとして病院で処方してもらう方法があります。
病院では処方してもらうには医師の承認が必要なので、どうして必要なのか、なぜ避妊に失敗したか、本当にアフターピルが必要なのかを問診したうえで処方してもらえます。
アフターピルは医療保険が適用されないので料金は診察料など含めて1万円~3万円くらいが相場となっています。

通販で購入することもできる

アフターピルを日本で購入する場合のもう1つの方法は通販です。
病院以外で購入することができて病院の処方箋が必要ありません。
こちらの通販サイトアフターピルの通販 | 海外医薬品の通販 -【お悩み宅急便】は料金もお手頃でジェネリック医薬品の商品を取り扱っています。

病院処方と通販のメリット・デメリット

メリットとデメリット購入方法は2つあると紹介しましたが、どちらがいいのでしょうか。2つのメリット・デメリットを集めてみました。
病院のメリット
・お薬に対して細かな説明がある
・しっかりと診察してもらえる
・診察したその日に処方してもらえる
・病院からの処方なので安心できる
デメリット
・料金が高い
・1回分しか処方してもらえないため予備を持っておけない
・妊娠する可能性がないと処方してもらえない。

通販のメリット
・いざという時のために複数個備えておける
・病院に行かなくても買うことができる
・病院よりも料金が安い
デメリット
・通販なので届くのに時間がかかる
・安心できる通販サイトを見つけなくてはならない
・病院の処方箋が無いので自己責任になる

どちらにもメリット・デメリットはありますが、2つのメリットをとって避妊に失敗した場合、初めてアフターピルを服用する際は病院を受診し、通販では予備として購入するという手もありますね。